Ono Shunichi - Fukshima No Shinjitu To Naibu Hibaku: Motogenpatu Gijutusha Ga Kataru

Fukshima No Shinjitu To Naibu Hibaku: Motogenpatu Gijutusha Ga Kataru por Ono Shunichi epub

Descargar Fukshima No Shinjitu To Naibu Hibaku: Motogenpatu Gijutusha Ga Kataru por Ono Shunichi Epub y PDF

  • Título: Fukshima No Shinjitu To Naibu Hibaku: Motogenpatu Gijutusha Ga Kataru
  • Autores: Ono Shunichi
  • Publicado: 6 de abril de 2014
  • ISBN: 0
  • Tamaño: .MB
  • Nº de páginas: 272
  • Idiomas: Español
  • Editorial: www.fapermex.mx
  • Valoración: ★★★★★
  • País: España
  • Genero: Novela kindle
  • Comprimido: no
  • Formato : PDF, EPUB

Ono Shunichi con Fukshima No Shinjitu To Naibu Hibaku: Motogenpatu Gijutusha Ga Kataru

はじめに-から抜粋「南相馬で七・五メートル以上の津波が発生しました。」と、テレビで第一報を聞いたのは、一週間おきに往診している患者さんを訪問した金曜日のこと。これは、とんでもないことになる・・・原発が危ない。対応不可能だろう。日本はこれからどうなるのだろうと震えが全身に来ました。その時に震える手で書いたのが医師専用のSNSでした。■二〇一一年三月一一日一五時三五分 宮城で震度七大地震が起きました。私は、福島の原子力発電所に勤めていたのですが、その時の評価で、七〇センチメートル以上の津波にはどうにも仕方がないという結論でした。地震で原子力発電所は、自動的に停止はしますが、崩壊熱が数パーセント残ります。しかも、長期間。一一〇〇MW× 三× 数パーセントでも、たいがいの熱量で、海の水で熱交換をしないと炉心の冷却が維持できません。今回の津波では、五メートル近くになりそうなので、こういった海側のポンプのある建物が、水没してしまったような感じを受けます。運転停止だけではなく、その後数週間の監視が必要です。大丈夫でしょうか。心配です。■二〇一一年三月一一日二〇時二〇分非常事態宣言が出されましたね。私がいるときにはなかった法律です。あとは、RCICという緊急炉心冷却装置で冷やすしかないと思うのですが、これは数日(あんまり記憶なし)くらいしかもちません。(炉心の蒸気で回すので、電力が必要ありません)それまでに、どうやって非常用発電機を復旧させるかでしょう。まだ、働いていたら、死んでいたでしょうね。。。(後略)以上が、津波が起きてからすぐに書いた文章です。事故当初にこのような知識を持っている私は、一体何者でしょうか。それを明らかにしつつ、フクシマで何が起きたのか、その放射能被害はどの程度の規模に及ぶのか、そして現在どのような影響が起きているのかをまとめてみました。ブログの読者に「健全なる絶望」を得られると感想をもらったことがあります。事実を知ってどう対応するのか、それこそ人間の叡智ではないかと思います。この本が、何らかの道しるべになれば幸いです。
Un libro especialmente para ti! Para los verdaderos amantes de los libros y leer, nuestro sitio presenta la oportunidad de descargar el libro Fukshima No Shinjitu To Naibu Hibaku: Motogenpatu Gijutusha Ga Kataru. No es necesario registrarse. Nuestro recurso en línea proporciona una amplia gama de diferentes formatos de libros Fukshima No Shinjitu To Naibu Hibaku: Motogenpatu Gijutusha Ga Kataru. Gracias a esto puedes leerlo en diferentes tipos de dispositivos.